顎が痛い!なぜ口を開けたときに痛みが出るのか?

今までに口を開けたりすると、右か左の耳の前あたりに痛みがでる。顎がカクカクといて開けにくい。特に痛くはないけど、毎回大きく開けると音がして気になる。顎に痛みが出てお口を開けられない。硬いものを食べると顎に痛みが出る。などなど、経験されたことはありませんか?

このようなことが起きてきていると顎関節症になっている可能性があります。

最近当院に来られる患者さんで、このような悩みで治療にみえる患者さんが多いです。その中でも、口を開けたときに痛みが出るという方が多いのでそれについて今回は書いていきます。

これって顎関節症??

早見チェック表

自分が顎関節症になっているかチェックする方法があります。

まずは、自分がどの状態なのか把握しておくといいのでやってみてください。

このチェック項目で8.6点以上当てはまると「顎関節症の危険あり」と判別出来ます。

口を開けると痛みが出る場合は、顎関節症の疑いがあるので一回チェックしていただくといいと思います。

★口を大きく開けて、人差し指、中指、薬指を、縦に並べて入るか

  • すっと入る(1点)
  • 問題ない(2点)
  • どちらでもない(3点)
  • 困難(4点)
  • 入らない(5点)

★口を大きく開け閉めしたとき、顎が痛むか

  • ない(1点)
  • たまに痛む(2点)
  • どちらでもない(3点)
  • しばしば痛む(4点)
  • いつも痛む(5点)

★鏡を見ながら口を開けたとき、まっすぐ開くか

  • いつもまっすぐ(1点)
  • たまに曲がる(2点)
  • どちらでもない(3点)
  • しばしば曲がる(4点)
  • いつも曲がる(5点)

★硬いものを食べると顎や顔が痛むか

  • 痛まない(1点)
  • たまに痛む(2点)
  • どちらでもない(3点)
  • しばしば痛む(4点)
  • いつも痛む(5点)

口を大きく開けて痛みが出る原因

口を開けて痛む場合の原因は、顎関節に存在する滑膜などの炎症が主にあります。それが起こる理由として少し前まではかみ合わせの問題だと言われていることが多かったです。

しかし、最近では、かみ合わせだけでなく、いくつかの原因(傾向)で痛みが出てくるということが分かってきました。

詳しく掘り下げると、以下のように様々な原因が積み重なっていることで、顎関節症になることが分かっています。

①咀嚼筋による筋痛

口を開ける時に痛みが出てくる原因で一番大きいのが、筋肉による問題です。

口を開ける動きをする筋肉をまとめて「開口筋(かいこうきん)」と呼びます.

これは,咀嚼筋の内の一つ「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」と顎の下についてくる「舌骨上筋群(ぜっこつじょうきんぐん)」が口を開けるときに働いてきます。

この二つの筋肉が傷ついていたり、固まってしまい正常に働いてこないと無理やり開けることになるのでその時に痛みが出るのが一つです。

筋肉での痛みではもう一つ出る原因があります。それは、口を閉じる筋肉が問題で起こることもあります。その中でも、咬筋、側頭筋、内側翼突筋の硬さが生まれてくると開ける妨げになり痛みを誘発させることがあるのでもし開口筋をやっても変わらない場合はこの辺りが問題かもしれないです

 

②歯ぎしり・食いしばり

2つ目の原因として歯ぎしりや食いしばりをしている人も痛みが出やすいです。なぜなら歯ぎしりや食いしばりは、上下の歯を力強く噛みしめるているからです。

この噛みしめている時間や回数が多ければ多いほど筋肉を緊張させて顎の関節や筋肉に大きなダメージを与えます。そうなることで先ほどの筋肉たちがやられて痛みが出ることにつながっていきます。

この歯ぎしりなどが生まれやすいのは、主は生活習慣ですが、精神的ストレスや疲れ関係してくるのでその辺りのケアも治すうえで大事になります。

③偏咀嚼

3つ目は、偏咀嚼(へんそしゃく)です。

これは、食べ物を左右のどちらか片方の歯ばかりで極端に噛む癖のことを言います。この癖は、片方の顎だけに大きな負担をかけることになり、最終的に筋肉や顎に痛みが出ます。

④日常生活の中での悪いクセや習慣

日常生活の中でよくやる行動やクセで顎関節や筋肉に負担をかけて痛みにつながることがあります。

例えば、うつ伏せで寝る、頬づえをつく、猫背などの習慣や癖は、頭を前に倒すことによって下あごの位置が変わり、顎関節に影響を及ぼします。

さらに頬づえをついて顎を反対側に押すことによって顎関節や筋肉に負担をかけていることも明らかになっています。

このようなクセや習慣が積み重なり、最終的に口を開けたときに痛みが出てきてしまう原因となります。

 

顎関節の痛みに対する治療方法

顎関節症の効果の高い治療方法でこれがいい!というのは無いです。だから顎関節症の治療方法は、いろんな方法があり、歯科医師によって異なる場合があります。

整体や接骨院でも治療方法は異なりますし、患者さんの症状によっても、行われる治療は違います。
主な治療には、次のような方法があります。

歯医者での治療法

スプリント療法

代表的なのがスプリント療法です。これは、マウスピースのようなものを使用した方法です。それを装着して、顎関節に負担をかけないようにする方法です。

特に寝ている時に歯ぎしりや食いしばりをしている方や、体に力が入りやすく無意識に食いしばってしまう方などは、自分でなかなかやめることが難しいです。

その場合は、スプリント療法を用いるので、歯医者さんで作ってもらい寝るときにつけて眠ります。そのマウスピースのおかげで、歯ぎしりや食いしばりをしても顎関節や筋肉に負担がかからないようになります。

薬物療法

顎の痛みを鎮痛薬(痛み止め)で抑える方法です。また、筋肉の緊張が強い場合にも筋弛緩剤を用いたりします。服用している薬がある場合には、医師に伝える必要があります。

保存療法

後は保存治療です。歯を削ったりなどの治療はせず、様子を見るということです。特に急性期には少し安静にさせた方がいい場合もあります。その場合は顎や筋肉に負担がかかるとダメなので、硬いものやガムなどを極力控えて頂き、顎と筋肉をなるべく休ませる必要があります。

整体での治療法

整体では、口を開けたときに痛みが出る治療として、全体の身体の歪みを治していく事をやります。特に、首と顎がメインになります。

痛みの場合は、顎関節と筋肉の問題になります。顎関節はそれ自体で歪むことはないので流れとしては、首や背骨、骨盤などの歪みが蓄積してきた結果、最終的に顎が歪んで、筋肉に負担がかかり口を開けたときに痛みが出ます。

だから、まず痛みを取るために首と顎の調節をしていきます。さらに再発しないように猫背や骨盤などの調節をしていきます。

 

自分でケアする方法は??

①筋肉を温める

痛みのある患部に、1回あたり20分間お湯で温めたタオルをあてます。ただし、もし痛みが増すようでしたら、直ちに中止します。

急に痛みが出始めたころで炎症が強い場合は冷やした方がいいです。

 

②筋肉へのマッサージをします

頬の部分のだるさや、口を開けたときの痛みやつっぱり感があるときには、頬の筋肉をマッサージしてみましょう。場所は、咬筋やが顎二腹筋などの開口、閉口に関わる筋肉が好ましいです。血行が良くなり、痛みが軽減します。お風呂に入りながらやっていただくか、出た後にやった方が筋肉は緩みやすいです。

③開口練習をする

口を開けたときに痛みが出る場合、結構な人が口をあまり開けないようにする方が多いです。

それが続くと、筋肉が逆に硬くなってしまい治りにくくなってしまうので、痛みが出ると思いますが、

「あいうえお」などで開口練習をしていくといいです。

その他、過度なストレスは避けるなど、さまざまなセルフケアがありますが、歯医者に行かれている場合は担当の歯科医師と相談のうえ、ご自身に合ったセルフケアで症状の改善を図ってください。

まとめ

口を開けたときの痛みは顎関節と筋肉が問題です。いろいろな治療方法がありますが、体の歪みを取ってあげることが1番早い改善方法だと思います。さらに患者さん自身による家庭でのセルフケアが重要であり、そういったセルフケアを積極的に行うと改善が早くなり、再発もしにくくなるのでそこまでやるといいでしょう。

はじめての方限定特典

スグつながる!お電話での予約はこちら

受付時間
【平日】9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】9:00〜17:00

定休日
日曜・祝日

施術でお電話に出れない場合がございます。
その際は、LINEでご予約いただけますと確実です。

LINEからのご予約は24時間受付中です

ネットで予約・問い合わせをする

24時間予約が可能

安心の全額返金保証付き

症状について詳しくはこちら

顎関節症

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忠節鍼灸整骨院

忠節鍼灸整骨院

住所
〒502-0904
岐阜県岐阜市島栄町1-33シャトーシャルマン1F
交通
早田大通1の交差点から車で2分
TEL
058-232-3200
  • 電話をかける
  • メールでご予約
  • LINEでご予約
  • 定休日:日曜・祝日
  • 土曜日(◎)は9:00〜13:00まで
営業時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

〒502-0904
岐阜県岐阜市島栄町1-33シャトーシャルマン1F

詳しい道順を見る