踵の痛み

  • 朝起きて、床に足を着くとかかとが痛い!
  • 長時間立ちっぱなし、歩きっぱなしだと痛みが出る!
  • 夕方になってくるとかかとが痛い…
  • 湿布やサポーターをしても変わらない
  • 接骨院や整形外科で電気治療やマッサージをしてもらっても良くならなかった…

もう、大丈夫です!

当院には、踵の痛みでお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

痛みが出た状態をそのままにしながら過度な運動や生活をしていると、逃避姿勢”と言って徐々に体を傾けたまま生活することになるため、身体のいたるところに不調がどんどんと波及していきます!
また、踵の痛みは慢性化しやすく、放って置くと足底筋膜炎モートン病になってしまうことが多い症状です。

一人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

そもそも【踵(かかと)の痛み】とは?

踵の痛みは、

  • 扁平足(足のアーチが低下)
  • 足裏への負担がかかる靴(革靴・ヒール)の長時間の使用
  • 走る・跳ぶ・踏み込む などが多いスポーツ
  • コンクリートなど、硬い地面を歩くことが多い
  • 過体重

などが原因で起こると言われています。

踵の痛みで病院に行くと、坐骨神経痛・踵骨骨髄炎・踵骨骨端炎・単発性骨嚢腫などと診断されることもあります。
これらの症状が進行すると踵が地面に着いたり、靴に当たったりするだけで激痛が起こる場合もあります。

一般的な整骨院や整形外科での対処法

踵の痛みで整形外科(病院)を受診すると、
患部に対して鎮痛剤の注射や温熱療法、レーザー治療にリハビリなどが施されることがほとんどです。

また整骨院では、足の裏の筋肉に対してマッサージや筋トレをしたり、歩き方の指導をされることが一般的です。

しかし、頑張って筋トレやストレッチを行っても、なかなか症状がよくならなかったり、痛みが再発することも少なくありません

では、どうすれば踵の痛みの症状を改善に導くことができるのでしょうか?

どこかで強くぶつけたわけでもないのに、いつも長く立っていたり歩くとかかとが痛くなることってありませんか?

本来、踵(かかと)と言うのは二足歩行で生活する人間にとって体を地面との境で支える、いわば土台の役割を担っています。

当院での「踵の痛み」に対するアプローチ

当院では、踵の痛みの原因を

  • 骨盤・股関節の歪み
  • 体幹・姿勢の問題
  • 下肢のアライメント問題
  • 頸椎の歪み

だと考えています。

体の土台ともいえる骨盤・股関節が歪むと、体全体にふらつきや不安定さが生まれます。
これは、決してめまいの様な明らかなふらつきには感じませんが、自分でも気付かないうちに体軸が左右前後へと歪み、それらが不良姿勢を作り出すことで、
結果的に膝〜足首〜足底のアライメントが崩れ、踵にかかる負担が通常の何倍にも大きくなるため、痛みが起こる原因となるのです。
また、意外!とも思われるかと思いますが、人間の体の中で踵部分と共に大きな役割を担っているのが頸椎(首の骨)なんです。
頸椎と足首(踵)は体にかかる重力を正確に感じ取るセンサーの様な機能があり、どちらか一方に強い負担がかかることでもう一方にも歪みが生じ、これらが改善へのスピードを大きく落とす要素にもなるのです。

踵の痛みは、歩くたびに痛みがでることから、身体的だけでなく、精神的にもストレスになってしまうことがあります。

症状が悪化してしまう前に、まずはお気軽にご来院ください。

忠節鍼灸整骨院

忠節鍼灸整骨院

住所
〒502-0904
岐阜県岐阜市島栄町1-33シャトーシャルマン1F
交通
早田大通1の交差点から車で2分
TEL
058-232-3200
  • 電話をかける
  • メールでご予約
  • LINEでご予約
  • 定休日:日曜・祝日
  • 土曜日(◎)は9:00〜13:00まで
営業時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

〒502-0904
岐阜県岐阜市島栄町1-33シャトーシャルマン1F

詳しい道順を見る