有痛性外脛骨

  • 足を着地すると土踏まずの上(内側)が痛い
  • 好きなスポーツが痛くて出来ない・・・
  • いろんなサポーターやテーピングを試したけど効果が無かった
  • 病院(整形外科)で診断されたけど症状の改善が見られない
  • 早く部活動・練習に復帰したい!

もう、大丈夫です!

当院には、有痛性外脛骨でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

有痛性外脛骨は、スポーツによるオーバーユース(使い過ぎ)が原因で発症する症状の1つですが、実は運動をしていなくても現れる症状でもあるのです!

もし、あなたが辛い有痛性外脛骨でお悩みでしたら、一人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

そもそも【有痛性外脛骨】とは?

「外脛骨」とは、足の裏の内側、
ちょうど“土踏まず”の上に位置する骨であり、「後脛骨筋腱」と呼ばれる腱が付着する部分になっています。
スポーツなどで過度に足を動かすことでこの外脛骨に痛みや腫れが生じたり、サイズの合わない靴を長時間履き続けることで骨そのものが刺激されることから痛みが誘発されたりします。

また、有痛性外脛骨を有する方は、扁平足を呈することも多いのが特徴です。扁平足が合併することでさらに強い痛みが誘発されるという悪循環がうまれるとも考えられています!

一般的な整骨院や整形外科での対処法

病院(整形外科)などで「有痛性外脛骨」と診断されると、多くの場合は保存療法が用いられます。

それでも、症状の改善が見られない場合

  • 電気治療
  • 足のマッサージ
  • サポーターやテーピングの装着
  • ストレッチ
  • アイシング

を行う事がほとんどです。
しかし、痛みを発症した患部をなるべく使わないように休息し様子を見たり、上記の様な患部の対処療法だけではこの症状はなかなか改善しにくいのが事実です・・・。

実際に当院でも、数多くのサポーターをご持参されて、それでも良くならなかった方が多くお越しになられます。

それでは、どうしたらこの症状は改善するのでしょうか?

当院での「有痛性外脛骨」に対するアプローチ

当院では有痛性外脛骨の原因を、

  • 腰・骨盤の歪み
  • 姿勢の問題
  • 股関節・膝関節・足首のアライメントの問題
  • 患部周囲の筋肉、筋膜の問題

と考えています。

まず、身体の土台となる腰や骨盤が歪むことで、上半身と下半身のバランスが崩れ姿勢そのものが悪くなります。
それによって、足には必要以上の負荷が一定状態でかかりつづけるため、常に踏ん張り続ける様な環境になってしまいます。
人の体と言うのは良くも悪くも、歪んだままでもなんとか生活を続けようとするあまり、かばって
股関節・膝関節・足首と言ったアライメントが歪み始めます
これらが、足を動かす神経の伝達をさらに悪くさせ、太もも、ふくらはぎ、足裏の筋肉のが過剰緊張を起こすことで、そのすべての結果が有痛性外脛骨へともたらされるのです。

痛みのある患部だけを、電気やマッサージ、塗り薬やサポーターなどで対処しても
その場しのぎに過ぎるだけでなく、かえって症状の回復を遅らせ、最悪の場合悪化を引き起こす原因にも繋がりますので、
お一人で悩む前に、お早めに当院までご相談くださいね!

忠節鍼灸整骨院

忠節鍼灸整骨院

住所
〒502-0904
岐阜県岐阜市島栄町1-33シャトーシャルマン1F
交通
早田大通1の交差点から車で2分
TEL
058-232-3200
  • 電話をかける
  • メールでご予約
  • LINEでご予約
  • 定休日:日曜・祝日
  • 土曜日(◎)は9:00〜13:00まで
営業時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

〒502-0904
岐阜県岐阜市島栄町1-33シャトーシャルマン1F

詳しい道順を見る